Alternative shift control
私とヨシカワショウゴ氏が中心となって活動してる
Alternative shift control(長い、、、略ASC)の「36−56」という企画の話。


Alternative shift controlは気がついた人もいると思いますが
パソコンのaltキー、shiftキー、controlキーから取った名前なんです。
意味はまあ色々込めてますがその辺は興味がありましたら会った時に。。。
まあ単純に語感とビジュアルですが。

で、本題ですが。
ASCの第一弾の企画として2年にヨシカワショウゴ氏と交流があるアーティストに作品依頼をし
今回の企画に合うアーティストを36人選ばせていただきました。
プリントするTシャツの素材や型を
ファッションブランドRBTやスタイリストmegu氏を交え5種類の型を用意しました。
また、全アーティストの詳細がわかるアーカイブブック(カタログ)を
アートブックの質感で作ることができました。
そのおかげで2年も時間がかかってしまいました。。。



そんな
アートブックカタログのついたTシャツ「36−56」の展示販売を
今なんばにあるインポート中心に扱っている服屋&ギャラリー
excubeで行っています。
今回参加していただいたアーティストの中から
ほんの少しだけですが今回の原画や新作の展示も行っています。

Tシャツ1枚、本1冊をオリジナルボックスに収めています。
プリント、本ともに30センチのLPサイズ






期間は12日までとなっています。
夜9時ごろまでやってますので是非来て下さい。
場所はこちらです。

是非いらして下さい。
私は7、8、9、12日は夕方以降でしたらギャラリーにいる予定です。


告知してたつもりが下書きになっていた。。。
ああ、詰めが甘い
diary comments(0) trackbacks(0)
徳島で豪雨のなかタンテ8台は回し過ぎ

ターンテーブリスト集団『T-SKRABBLE DJ'S』が徳島FUNZONEの3周年イベントに出演。
とのこと、私も映像として参加のため
ココんとこ熱さと寒さのバランスを読めず鼻ずるずる状態が続いたため
葛根湯と栄養ドリンクを前日に仕込み万全の態勢で臨む。

高速道路1000円キャンペーン中なので私の愛車で行く事に
雨の降る高速をDJマイティーマーズと共に今後の日本を語ったりしつつ
徳島に到着。

3周年の記念ノベルティーライターを頂く。
来年も是非よろしく。


今回、圧巻のターンテーブル8台。
映像も通常の投影+ミラーを使った湾曲させた広範囲映像を使いFUNZONEの空間を映像で埋め尽くす事にする。

左から、SHUN、TAIJI、MIGHTY MARS、三木祐司。
この雰囲気、ぜひとも大阪のみんなにも味わってもらいたいものです。

4人のルーティーンのチェックを終え食事を済ませ
イベントは徐々に盛り上がりを見せる。
2時からT-skの4DJセットスタート。
この集団は本当に面白い。バランスがすばらしい。
テクニック、音楽センス、サービス
パフォーマンスに必要な物を4人がバランスよく担当している。
可能な限りT-skの映像担当として関わって行きたい。
精進します。

イベントの写真はおもろすぎてほとんど残ってないが。。。
お客さんのノリも良いし何より出演者全員が底抜けに楽しんでいる。
最高の周年イベント。

大盛況の後、、、興奮が覚めやらぬ私は10時に目が覚めてしまった。
外は豪雨。
腹も減ったし地下のクラブから出たい。。。

意を決してFUNZONEにある傘を拝借しいざネオン街を抜け商店街へ。

漫才、炊き出し、歌、もうなんでもありである。
月末の日曜日にやっているらしく、とはいってもこの豪雨の中でもやってのける徳島県民。
すばらしいですね。さすが阿波踊りの国です。

アーケードを抜けるとロープウェイを発見。
とにかく時間もあるし(まだDJ達は起きないであろう)こういう機会でないと多分乗らないだろうから、、、
こんな雨だから動いてないかと思ったがちゃんと動いているとの事。


往復で1,000円。ゲット。
客は見当たらない。
行ってみましょう。

ぐんぐん上る。どんどん視界が悪くなり、、、頂上からの眺望は雨雲と雨による霧のみ。
まあ、雲の上にいる!と思えばテンションも上がるが上空にビッチリ雨雲
むなしく勢いを増した雨音が山頂を覆っていてちょっと寂しすぎる。
最近飲むようになったコーヒーを飲めたらと思ったが売店はもちろん空いてない。

とにかく1,000円もかかったのだから十分楽しんでやるぞと
調査隊という気持ちに切り換え調査を開始。


眉華鏡というなんともへんちくりんな上向きの覗き窓発見。
映像は何ともRGB丸だしのドットで構成された物が万華鏡効果で丸く見えるというもの。。。
むなしい雨音が現実の過酷さを忘れさせることは無い。。。
眉華鏡調査2分で終了


山頂の高台の上にはへんちくりんな建造物が。。。
パコダとのこと。調査1分で終了。
山の下からものすごい風で吹き上げられる雨で傘の裏側まで雨が当たる。
愛の鐘?愛の鍵?もなんかさみしく、、、ワイヤーロックに突っ込む言葉もない。
日本の伝統、神社が申し訳なく舗装されていないゾーンに佇む。
とにかくむなしい。そしてズボンがもう半分以上ずぶぬれになっている。
まだまだ施設の30%程度。調査続行。


いい加減室内に行きたいと思い
モラエス館というところへ潜入。

中に入ると年配の集団に遭遇。ほっとするかと思ったがよりいっそうさみしくなる。
ガイドの説明がやたら細かく年配集団は途中で帰ってしまい。。。
1:1の30分以上に及ぶ無料ガイドが続く。
しかし、全く興味がなかったモラエスだったが腹をくくりがんばって聞いていると
以外と楽しくなり。こっちから質問する始末。
調査を忘れ話し込んでしまう。
まだ施設40%だろうか。
タバコを一服と出してもらったお茶、飴をいただき巨大な広場へと向かう。


頂上にそびえるアンテナ塔をぐるりと回り
花のカスケードと名付けられた階段状(豪雨で滝と化している)を慎重に降り
駐車場を抜けモラエスの銅像を調査。さみしい。
もうこの辺りからさみしさが楽しくて仕方がなくなってきて
すべての道を調査する事を決意。
野鳥観察小屋をめざし過酷な豪雨の獣道をとにかく歩く。

その後、携帯の電池切れのため写真はないが猿に出会ったり珍しいトリを目撃したりと
とても有意義な調査が出来た。

その後、ロープウェイに乗り下山し、阿波踊り会館で阿波踊りの歴史等をじっくり調査。
商店街を歩いているところで遅い朝飯を食べるみんなと出会う。

どんどんひどくなる雨のため
マイティーとKBの3人で早めに帰る事に。

風もひどくなってきてちんたらしてたら鳴門、明石の海峡を渡るための橋が通行止めになる可能性もある為
急ぐ。

急いだのは良いが
途中、パーキングエリアで衝撃の事実発覚。

橋でかなりの横風を受けたのか
以前からヒビのいっていた左ウインカーがソケットごと根こそぎ吹っ飛んでる。。。

ああ、、、
この雨の中手信号とは、、、


まあ、雨ならではの楽しみも最大限満喫できたし
なによりも4DJのルーティーン、徳島のみんなの雰囲気。
最高でした。
次回もよろしくおねがいいたします。

diary comments(4) trackbacks(0)
近況、波、ASCについて

日々面白いことが起こりまくっています。
ビジュアル担当として参加させていただいているAUTORAを中心にしたイベント事や
NANI氏との短編映画制作。
多くの新しいプロジェクトへのお誘い。
自宅のキッチンでの新しい料理方法をあみ出して没頭等
とても充実した毎日を送っています。

ただ、それとこのブログをさぼりまくっているのとは無関係なので
こんなブログを楽しみにしていただいている方々。
申し訳ありません。前回の投稿から1ヶ月以上たってますね。。。

毎度自分にビックリである。


ってことで、いつものようにややこしい話から脱線するであろう
つれづれ書かせていただきます。



そう。
すべての物は揺れているんです。
その揺れは波となって互いに影響を及ぼしながら
時間の流れに乗り万物を構成している。

光、音、物質、すべてものは絶え間なくゆれている
我々が死に絶えても我々を構築している分子は揺れる事をやめない。

ゆっくり動く物はゆっくりと確実に
速く動く物はせわしなくシャープに
遠くまでずっしりと届く低音
素早く突き抜ける高音
遠くまで広がりを見せる赤
突き刺さるような青
ゆっくりと語りかけるやさしさ
翻弄されるスキャット
ただ、それだけではない認識がある。
わかることはそのすべてにおいてそのもの自体また大きなうねりを持ち
あらたな波を作り出しているから。

音で言うなら。
決して高音、低音に分類されない音がそこに存在するのは
おそらく新しいうねりを感じているからである。
メロディーではなく、もっと深くに存在している計測する事の困難な波が。

その波をある意味あっけなくつかみ取ることができる
それこそが人間味ではないかと。
しかも、それはある一定レベルで共有することが出来るという奇跡。
現時点での物理学、化学、数学では説明がつかない範疇の波
その波を感じれる瞬間
そこに新たな衝撃と感動が眠っている。

その感動と衝撃の方程式を見つけ再現する能力を身につけることは
おそらく人間の脳の限界を遥かに飛び越すものであると思う。

だから我々は何かに感動し学び生きようとするのだと
外界からの影響を細胞を通じて波を感じ
そこに潜む新たなリズムに一喜一憂するのだと。

どんどん話はそれる訳だが、、、

だから誰にもとめられない
細かく分けると20以上ある生きる為に必要な感覚をもっている以上
くだらない理由で人間の尊厳を奪おうとすることはナンセンスきわまりない。
決してカテゴライズする事は出来ないし行動をコントロールする必要など皆無。
私たちはそんなに弱くはない。

どんな状況であろうとすべての感覚を研ぎすまし
生きる為にあらゆる障害に立ち向かい生存しつづける。
万物は絶対に揺れることを忘れることはない。
全方位に自由であるはずだ。

だから(なにが?)、コントロールするという考え方を変える必要があると考えている。

そこで始まった
「alternative shift control」というプロジェクト。


自分の思いを自分自身の解釈でものを作るという事に向かい合う
そんな思いでキーボードのaltキー、shiftキー、controlキーを押して作業して作り出す物。
そんな文字遊びから産まれた名前です。
このプロジェクトを軸にいろいろな商品を作り出したいと思ってます。

今回、ヨシカワショウゴ氏が中心となって呼びかけをしてもらい参加してもらった36人のアーティストの作品を
5種類の形のTシャツとアートブックに落とし込み、パッケージにした企画
「36-56」
がついに大きな節目を迎えました。
1つ目のオルタナティブシフトコントロールとしてはうまく私の考えがまとめられたと思います。
初めての作業ばかりで製造方法から突っ込みすぎて
2年以上もかかってしまいましたが
時間をかけたことで見える部分に反映されていない部分もあると思いますが
商品としての物質的なバランスと感覚的な奥行き、とても満足しています。

今月中に正式なお披露目をと考えていますので
またお知らせ致します。

相変わらずなんともまとまりのない文章ですね。

というか、朝5時起きで淡路島に行かなければ行けないのに
もう2時、なんと言う事でしょう。。。

diary comments(0) trackbacks(0)
悪い虫を飼う
全く新しい事を進める事が楽しいんですがちょっとビビってます。
まあ言えるだけビビってないってことですが。
というか、やりたい事で新しい事がある反動で
めんどくさい事で新しい事というものが胃を痛めて行きます。
ビオフェルミンを飲むようにします。

近況報告!
最近BOZOWの活動は現場ではなく裏方になりつつあり
概念として機能するだけで良いという状態になってきていますが
いろいろな企画がありますので精力的にやって行きたい所存、、、



そんな中、WEB関係のディレクションを中心に活躍している
デザイン関係のディレクター、松倉早星氏(http://ovq.jp/blog/)の取材をうけまして。
メビック扇町にある(財)大阪市都市型産業振興センターが発行元の
「SUPER:」というフリーペーパーの最新刊(3月29日発行)に掲載されています。
フリーペーパーなんで是非こちらで配布場所をチェックして手に入れて下さい。



そして!3月25日に行ったT-SKとのUST
ほんと毎回毎回トラブルばっかりで申し訳なかったです。
途切れ途切れの回線にもかかわらず最後まで見ていただき光栄です。

そんなT-SKの三木佑司氏とマイティー氏とのイベント告知です。


2011. 04/16 (SAT)
『Ain't No Fun 4 --- Special』
PLACE --- FUNZONE
OPEN --- 23:00〜03:30
DOOR --- ¥1.500(1D)

Special DJ --- MIGHTY MARS (T-SKRABBLE DJ'S)
Special VJ --- catchpulse (BOZOW)
DJ --- 三木祐司 / 他機種ー

やったあああああああ!
今年も徳島で花見です!
去年も三木佑司氏に呼んでいただいて最高の花見を堪能できたんですが
今年も呼んでもらえるだなんて、、、、
近くの方も遠くの方も是非来て下さいね。
そんで17日にみんなで花見しましょうね!!!


そんでもって、
どうでも良い事でしょうが
いろいろ面白いもので
私の中で一つ考え方の捉え方を再確認したことがあったので書きます。

別に哲学の話をしたいんじゃないです。ともいえず

えらく長い話をしていた
わざわざする必要はないんだが私の中には多分悪い虫がいるようで
自分と全く考え方が違っていてしかもその考え方がまったく要領を得ない
そんな人が現れるとどんどん突っ込んで聞きたくなってしまうのだ。

その日も思考の迷路を抜け出せないでいたのでしかたないので
実在主義の哲学ネタで対抗
私の考え方の中でこれは格好この手の人間には効く話である。

理性がある人間だからこそ不条理は産まれてくる
不条理に遭遇した時の対処法としての3つ
「自殺、盲信、不条理を受け入れる」
自殺は論外。
となると盲信。
いや、それは理性を捨てる行為である
不条理を受け入れ自由であれ

改めてそうだと思える。
カミュの考え方は私にとっては建設的でポジティブであると感じてる。
二番煎じの不条理哲学かじりの私がいっても全く説得力はないが
バガボンドにも
根っこをあずけることで自由である
というような事を坊主が言う場面があった。
これは盲信ではなくすべての人生は決まっている
という不条理を受け入れる事で自由である と言っているのだと解釈してる。

しかしこの日も通用しなかった、、、
そして極めつけは言葉ではなくハンドパワー。。。
私は悪い虫を飼っているのでハンドパワーで腰痛も治らないし額も暖かくならない。
ESPカードなんて背面の細かい傷を覚えてズルをしたくなってしまう。
ズルは受け入れている事にはならないがもうこれは論外の話ですね。
とにかく、、、
不条理を受け入れるしかない=悪い虫を飼っている
なのかもしれないと。。。

なので、悪い虫を飼っているという事をしっかり受け入れて
コントロールして行かねばと。そう思ったのでした。
ああ、お腹がすいたので
目の前の通りをわたって一本東に行った所にある居酒屋にいってきます。
diary comments(0) trackbacks(0)
作戦成功!
日本を代表するラップグループ「スチャダラパー」のANIさんプレゼンツ
「東日本大震災チャリティー大作戦」
作戦成功でした!

念願のプロジェクターをやっと購入する決心がつき
つい3日前に家に届き浮かれていると
AUTORA経由でこのイベントの情報を聞き
急遽VJとして参加する事にしました。

仕事を早めに切り上げ設営をして20時からスタート。
映像の映り具合も申し分無く、とてもいい雰囲気を作ることができたと思います。
序盤のMIGHTY MARS氏の時からどんどんお客さんが集まり
ANI氏の時には動けないほどの大盛況!!!
そして朝を迎え集計を出すと。。。
総額でなんと!!!
313100円!!!
30万円を超えるお金が集まりました。

当たり前だが、お金だけでは人は助けられない。
お金は使って初めて力を出す物です。
つまり、どのように使って行くか。
その「使い道を協議する」という事を他人にゆだねる
これがある種の募金の手軽さだ。
というかその心を買うようなものだ。

尊敬できるANI氏に託す
ほんとうにすばらしいことだとおもいます。

そしてなによりも
その絶大な信頼関係を生み出す「音楽」の底力を大きく感じた。

JUDO氏、AUTORAのアキオ氏、高山氏
コントートの皆さん、ボタの皆さん、ほかにも多くのスタッフ、出演者のみなさん
そして来ていただいた皆さん
本当にありがとうございました。

コントートの雰囲気を生かしてうまく映像を出せた事。
そして何より「映像が効いていた!」という感想をいただき
長丁場だったが(DJごはん氏の時休憩してスマヘン!)最後までやり通せた。

帰りは雨が降ってたけどママチャリでルンルン気分で帰宅できましたとさ。


全く写真取ってない、、、
私の大好きなDJ MIGHTY MARS氏とANI氏


diary comments(0) trackbacks(0)
原発に思う事

いろいろな気持ちが渦巻いて
それを振り払うかのように毎日なにか自分から忙しくしていましたが
やっと落ち着いてかけるようになったので今の気持ちと決意を書いちゃいます。

本当は地震の一週間前にあった
砂十島NANI氏の東京での怒濤の7バンドの勇士をお伝えしたかったのだが
それはまた今度のお話にします。


今回の地震で被害に遭われた皆様方に心からお悔やみを申し上げます。




この状況を誰が想像できただろうか。
あそこまで津波が恐ろしいとは全くわかってなかった。
みな思っていると思う。
想像以上の、予想できない事が起こったと。。。

凄まじいエネルギー、自然の猛威を前に私たち人類に
ひどく、無惨で、大変なことが起こった。

その事実は原発があっても無くても変わらないんだ。
圧倒的な自然の猛威に私たちがなす術は無かったのだと。
なぜ、私の不安は阪神大震災の時と比べ物にならないのか、、、
それは人類の作り上げた原子力の不安定さと私の知識の無さ。
原発の恐ろしさは聞いてはいた
しかし、その恐れはまったく理解していなかった。
つまり、本当の恐ろしさを知らなすぎた。
でも、その知識がないことを情報の隠蔽や教育不足のせいにはできない。
しっかりと理解するには今の自分では無理だろう。そうである以上、不安には違いない。
自然にはかなわない事は本能的にわかっている。
でも、原発は私たち人類の作り上げた物。
だから怖いけど、無くすこともできるんだと希望も持てる。

わかったことは今、この日本に原発は不安定な必需品だったこと。。。
それが必需品と策士されていたとしてもそれは私の責任なのだと思う。

より良い未来にするため。
目先の利を求める事は悪とは言い切れない。
もっと先を見据えて自分を犠牲にする事が良い事とも言い切れない。
とにかく、自分に自信を持って生きて行くことが大切だと痛感した。

自信を持つには知識と経験と愛が必要。
どれがかけてもいけないんだと。

知識は外部と繋がりそのエネルギーを伝え合うことが出来る。
経験は自分と向き合いより鋭い技術、感覚へ押し上げる。
愛ですべてを包み込み降り掛かる挫折に屈しない精神力を持つことが出来る。

だから正直、今の私の知識、経験、愛では100%原発反対と胸を張って言えない。
言うだけなら簡単かもしれない、署名だって何でもやる。
少しの時間かもしれないが反原発運動には参加しているつもりだ。
でも根本的には原発が無いと苦しい立場にあるのだと。。。
今すぐ新しい建設予定地に出向き直接的な妨害行動を起こすようなことは私ではできない。
なぜなら、そう言う行動が悪いとも良いとも言い切れないから。。。
ほかの電力に変えろよ!とは言えるが今の私ではそのビジョンは見えても決定的な説明ができないしその力も無い。
でもよくもわるくもすべては繋がっているのだから。。。

いろんなことを深く理解し次々に繋がって
不安定な物に頼らないでもしっかりと生活を送ることができ
なおかつ楽しく安全な世界が見えるよう。
今自信を持てる事を最大限に生かし。
そして、今自信の持てない事をより愛して学び経験し
胸を張って進めるように精進します。

私の周りにはたくさんの考えが渦巻いています。
しかし、誰一人として適当な考えではないとそう信じたい
そうであれば、すべては繋がって平和で力強い未来にできると思う。
私はもっと多くを学び経験し愛を持って多くの不安に真っ向から挑みたい。

ただ、今持っている多くの経験と知識を無駄にするような事だけはしてほしくない。
みんなが慎重に行動してほしい思う。
少なくとも、大阪にいる私は普段と変わらない日々を送ることが出来る。

でももう違うんだ。非日常はすでに始まってるんだ。
とにかく、まずは原発の無い日本を、そして世界を

私たち人類が自然災害を受け入れることが出来るのは
人類の生み出す不安を人類で少しでも減らす事でしか叶わないんだ!!!



ヨシカワショウゴ氏とやってるあわじいに関しても
あわじいグッズの今までの売り上げと
これからの当面の間の売り上げをすべて義援金に回せるようになりました!
http://awajii.com/
ネットでは買えないけどよろしくね

そして!
明日はこんなイベントにAUTORAの映像として参加させていただきます!
AUTORAに呼ばれていままでやっぱりまだ自信が無かったけど
今なら自信を持って言えます。
AUTORAのビジュアルイメージは私でなければいけないのだ!全ライブで映像出す気!



3/20(SUN)20:00~all night long at 東心斎橋 BAR CONTORT 

スチャダラパーANIプレゼンツ 

「東日本大震災チャリティー大作戦」 
入場料金は震災義援金へ寄付します


DJ'S♫ 

ANI(SDP) 

JUDO 

DJごはん 

MIGHTY MARS 

AKIHIRO 


LIVE♪ 

AFRA 

AUTORA 

GEBO 

HIDDY 


CURRY♩ 

buttah 


and more... 

diary comments(0) trackbacks(0)
明日ライブ
DDZ名義でライブです。
ぜひ〜

ちなみにDJスタイルです。




 [LIVE]
SUB-CULTURR CREW
DDZ
GELLITON
HEAVEM@AIR
KOUM

[OPEN/START]
18:30 / 19:00

<チケット>
1500円
(ドリンク代別途)
diary comments(0) trackbacks(0)
UST

何となくUSTして
つーか

3月末にT-SKとのUST予定してます。
おたのしみに!

 良い時代だ
diary comments(0) trackbacks(0)
プロセッサを手に入れた人類のオーセンティック
0127.jpg

パソコンという物がこんだけ普及して
凄まじい速度で取り巻く環境は進んでいるんだな。
「ついて行けなくなるかも」とかそんな風に思ってたけど
後だしジャンケンではあるが全部理解できる範囲。

僕らは仕組みをわかってる事しか実現できないけど
必要なステップは誰かが作ってくれるのを待つしかない事もあるかもしれない。
だから、結果をだそうと考えるのではなく
想像力を研ぎすませて行く
脱線に次ぐ脱線でズブズブとその世界にのめり込んで行く
diary comments(0) trackbacks(0)
ゴモジカイにて新作「PTABLE」

ゴモジカイというのは
プロッターという図面のデータを出力する装置をつかって
ものを作る人たちの集まりで
ステッカーを中心にその技術やデザイン等を持ち寄り飯を食う
という何とも文科系ののんびりした楽しい集まり

自分も参加することになり
15日からそのゴモジカイのメンバーのグループ展「ゴモジカイ」を
excubeギャラリーでやっています。
服屋とギャラリーが合体しているとても良い空間です。

「PTABLE」
今回の私のプロット(プロッターで出力されたもの)は
スチールをレーザープロッターでカットし曲げて塗装した
いわゆる「家具」としても使う事のできるオブジェです。
一枚の単純図形に切り込みを入れ曲げる事で家具として機能する
という制約のもとデザインしてみた物です。
このような形は無限に作れてしまうのでその中でも単純に面白さの伝わりそうな形状を2点つくってみた。
(円形の物もあったが途中で強度問題からやめました。。。)

実物の完成品

30日までやってるので是非実物を見に来て下さいね。

基本的にほかの4名はステッカーの作品が多いので
お気に入りのステッカーを見つけて自転車や車、冷蔵庫やパソコン
いろんなところに貼付けて下さい。

オープニングにはたくさんのDJが来てくれました。
はにかみポーズのネコ眠るねぐら君


たくさんの人が来てくれました!!!

ガルペプシ氏の巨大ステッカーも圧巻です!!!

diary comments(0) trackbacks(0)
<< | 3/8 | >>