一連

伊根の舟屋 を見に行った。
最も海に近い生活というかこれはもう海の生活と考えていいのでは。
波はとても穏やかでギリギリまで水面が迫っている。
水もとてもきれいで透き通っている。
ここに住めば確実に2階から飛び込むでしょう。

文化財指定を受けた物らしく維持は大変だと思うが
このような独自の文化は多様性の美を継承する上で必要不可欠。
すべてが画一化されようとしている現状には
なんとか守り抜き衝撃を与え続けてほしい。

ミニマムでミニマルな物は好きだが
それは近代的な物ではなくこのようなスタイルが一番多くを秘めていると感じる。
一連の流れに誰も抵抗する事無く。実にスマート。
diary comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.catchpulse.tv/trackback/87
<< NEW | TOP | OLD>>