美しい食べものを美しい器にのせて笑顔でいただく
 
11日で私は30歳になります。
毎年誕生日が近くなると家族でご飯を食べにいきます。
5000円の和食、量は少ないですが家族みな小食なのでお腹いっぱい楽しめます。
店ももちろんですが器もきれいで小さないいお店です。
祖母がデザインした店の屋号を今でも使っていたり
店には祖母の作品が飾ってたりと祖母も特別思い入れのある店なのでしょう。

店の場所や名前は小さいお店でインターネット等で公表するものではないので
ここで書くわけにはいきませんがせっかくなので
料理だけでも紹介しておきます。

贅沢は金額ではなく時間の使い方と食材への感謝ですね。

本当に贅沢をしたと思えるすばらしいお店。

iPhoneで撮影。
縦長の写真なので2品ずつ載せていきます。


1品目
ウニ、ホタテ、ハスイモ
とても上品なダシがハスイモの間からにじみ出てくる。
ダシも飲み干すうまさ。ああ、始まったんだと思えるやさしい味。

2品目
タコのカルパッチョ
オイルの感じと苦みの無いタマネギ
ちょうどいい弾力のタコ
あまりにもおいしそうで半分ぐらい食べてしまってから写真撮影。
まだまだ序盤、うまい


3品目
エビしんじょう
エビの香りがふっと香る。
みょうがのサワヤカさと少し濃いめのダシがたまらない
少し固めでつまんでいくといい感じでほぐれて
ダシと一緒にほぐれたかけらを一気に流し込む。
最高。

4品目
鯛、ヒラメ、イカ
ここで刺身登場。
まあこれは文句無しですね。
想像よりもぐっとそれぞれの良さが出てます。
鯛はより甘く、ヒラメは歯ごたえ強く。
イカはあまり好きではないがおいしくいただけます。
クラッシュアイスがキンキンにひえて身がばしばしにしまってます。


5品目
わらび餅 or エビ芋
姉がどちらも苦手なので私が姉の分をもらうので両方食べれるのである。
わらび餅はいったいなんだろうこの周りのプチプチ
さくさくぷるぷるでうまい。ググぐっと濃くなった味付けが食欲をそそる。
エビ芋はイモキチの私にはたまらない。
衣にじわっっと染みた味が粘りを持った芋に絡んで絶妙。
濃い味でどんどん加速する食欲


お酒
がっちがちに冷えた冷酒、そんなに辛くなく
軽く飲める。ただ、酔っぱらうほど飲めるものではないのがまたいい。

6品目
けんけんガツオ?
これは祖母同席のための特別サービスらしい
カツオの湯引きというのか。まわりがたたきのようにほんのり熱が通ってます。
特にいじるわけでなく、良いものを良い状態で食べる事。
これがおいしいへの最短距離ですね。
大葉大好き。


7品目
カボチャ、フキ、たいの子等
終盤に入ってきました。
たいの子は大好きだがここかおせちでしか食べる事が無いので
私にとってはごちそう。
味付けはまた薄味に戻っていきすんなりとおなかに入っていきます。
このレベルで奥さんが料理してくれたら洗い物もマッサージもいつでもやりますね。
少ない量でじっくり味わえる。

8品目
塩焼き
何の魚か忘れた。タラとかそんなのかな?
もうこのあたりまで来たら正直贅沢な舌になっているのか
感動が薄れていく。
みょうがの付け加減が絶妙すぎます。
このレベルで奥さんがミョウガを自分で漬けてくれていたらトイレ掃除も下駄箱掃除も笑顔でやれます。
皮までおいしくいただけます。


9品目
ご飯、漬け物
じゃこのふりかけをお好みで振りかけてぱくぱく食べる。
漬け物のやさしい味と酸っぱい梅干しがご飯オカワリを誘発。
かなりお腹いっぱいに。

10品目
フルーツ
さっぱりとオレンジ、イチゴ
一気に押し寄せる爽快感。
ああ、果物って良いですね。一口でスポーティーになれます。


11品目
おしるこ
今日もおいしくいただきました。

これで料理は5000円
後はお酒をまあ2合と考えても贅沢するにはちょうどいい値段ですね。
かなりいいお店ですね。

さて、11日まで後数日。
20代最後を満喫します!


diary comments(1) trackbacks(0)
Comment








なんか、ええなー。

おみせ、で、たべる、っていうのは、
ライブ、みたいなものね。
いちばん、身近な、シンプルな、繊細な、インスタ-レーション。

あらゆる、表現があって、
食も、見事な、表現。

味覚って、すなおに、感動でける、よなー。


ええアンテナを、とつっと立てて
すてきな30代をおむかえくださいな!


from. コ マ キ | 2010/08/04 13:34 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.catchpulse.tv/trackback/70
<< NEW | TOP | OLD>>