ミュンヘン〜パリ
th_th_IMG_3073.jpg

寝台列車で10時間
ミュンヘン〜パリへ移動
寝台列車はホテル代が浮くので結構お得ですね。
結構ゆっくり走るので普通に乗ってるよりも疲れないし旅行してるんだという気分にも浸れます。

パリについて早速友人のキム君に迎えに来てもらいパリを散策

th_th_IMG_3085.jpg

英語の達者なキム君、フランス語も勉強中で現在パリ在住
頼もしい!!!

 
パリは地下鉄があるんですがえらく臭いこともあり
ちょっと避けて自転車を借りる事に
町の至る所に自転車を借りたり返したり出来る無人ステーションがあって
どこで借りてもどこで返しても問題無し!
携帯アプリでステーションに何台あるかがリアルタイムにわかるシステムが導入されています。
とても良く出来たサービスです。おそらく行政がやってるんでしょうね。
事故やメンテナンスなど、問題はあるでしょうが
こういう取り組みを積極的に行うヨーロッパのやり方には学ぶべきところがありますね。

IMG_2093.jpg

とにかく観光を中心に町をぶらぶら


th_th_IMG_3079_2.jpg

ジダンの頭突き銅像がポンピデゥーセンター前に展示されてました。

000_IMG_3076.jpg

th_th_IMG_3077_2.jpg

これも見ておきたい一つ

th_th_IMG_3093.jpg

th_th_IMG_3075.jpg

今回の旅行で一番衝撃的だったザッター?というレバノン料理
生地にザッター?という香辛料のペーストを塗りたくって巻いただけなんですが
これが凄まじくうまい。
パリはとにかくいろんな国の人がいる
日本人もたくさんいるので日本料理屋も凄まじい数有り
日本でいう東京のような感覚。
安い物は安いが比較的物価は高い印象。
イタリアン、トルコとフランス料理以外の物を食べたが
ああ、、、またこのザッターが食べたすぎる。
どなたか大阪でこのレバノンのジャンクフード食べられるところあったら教えて下さい、、、
ってかこれは流行ります。少なくとも私は週2で食べに行きますから。
瓶詰めのザッターも売ってるみたいですね、、、ああ、、、食べたい。。。

000_IMG_3106.jpg

工事現場でよく見る風景。
廃材を上から効率よく下ろす為の物でしょうが
なんか可愛いですね。
ヨーロッパの工事現場は日本と比べ物にならないほどのんびりしてます。

th_th_IMG_3102.jpg

警察車両、LAND ROVERの特殊車両カッコイイですね。
なんかのんびりしてます。。。

th_th_IMG_2162.jpg

女子がキャーキャーいうてしまうらしい
パリで今人気のセレクトショップ
雑貨、服、家具、何でもそろっててレストランもある
巨大なセレクトショップ。

th_th_IMG_2124.jpg

ギャラリーもかなり多い
めぼしい物を何件か回ってみた。

th_th_IMG_2129.jpg


th_th_IMG_2133.jpg

ギャラリーの内装もなかなかすばらしく。。。

th_th_IMG_2137.jpg

th_th_IMG_2134.jpg

th_th_IMG_2161.jpg

ARIK LEVYやってました。
ラッキーでしたね。とても良い展示でした。
小さな作品でも買えたらな、、、と思いましたが断念
アクセサリーの可愛い物が売ってましたがぐっとガマン


パリでショッピング
にご満悦の嫁、アルファロメオからパッシングをうけてますよ、、、
th_th_IMG_2148.jpg

th_th_IMG_3112.jpg

夜とはいっても5時ごろ
エッフェル塔に登る為に西側へ移動

th_th_IMG_3118.jpg

凱旋門に向かうシャンゼリゼ通りはクリスマスマーケットでにぎわってました

th_th_IMG_3128_2.jpg

アイススケートのコース

th_th_IMG_3127_2.jpg

初めて見たコースタイプのアイススケート
結構面白そうですね。ただ広いところをぐるぐる回るより
こういう感じにしてくれてたら面白そう
でも、この木の柵の角とか日本だったら危ないという事で
保護ゴムつけたりで採算取れないんでしょうね。。。

th_th_IMG_3173.jpg

はい、エッフェル塔です。
1889年に建てられたんですね。。。
水圧式のエレベーターは今でも稼働していて感激
1889年ってことは日本の憲法が出来た年です。そりゃ驚いたでしょうね。
かなりの間世界一の高さを誇っていただけあって
展望台からの景色は圧巻

th_th_IMG_3162.jpg

th_th_IMG_3152.jpg

th_th_IMG_3149_2.jpg

この高さから見ると都市計画が強固なのでとにかくパリの町はとても美しく見えます
ルーブル美術館のあたりを中心にちょうどまねて作った新世界とおなじような道路網
巨大なこの整った都市計画がしっかりと守られている事
パリが美しいといわれる原点のような気がします
建物の中はこんな感じになってますが。。。

th_th_IMG_2168.jpg

これでもかというド派手な豪華さ
百貨店のツリーとドーム天井のパリっぽさ
貴族の買い物っぷりとアジア人のチャネル憧れの長蛇の列
百貨店に日本人専用カウンターがあり買い物には困りませんよという感じ

その後、フランスを離れ
電車でドイツはデュッセルドルフに向かいます。



diary comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://diary.catchpulse.tv/trackback/140
<< NEW | TOP | OLD>>